• ホーム Home
  • 初診の方へ Beginner
  • 当院のご紹介 information
  • 治療の流れ Flow of treatment
  • 診療時間 Consultation hours
  • アクセス Access

クリニックBLOG

2010年9月28日 火曜日

性(行為)感染症 STD を考える

オーラルセックスでも感染します
  淋菌やクラミジアがいるところは性器だけでなく、咽頭にも存在しオーラルセックスによって感染するのです。

相手が一般女性でも感染の可能性が高い
  女性ではクラミジアにかかっていてもほとんど症状が軽いため、気づくことがなく一般女性にもクラミジアが浸透しています。10代女性が20数パーセント感染しており、男性の3-4倍というデータもあり、一般女性だから大丈夫という保証はありません。

特定の相手でも安全ではありません
  相手が1人でも、その女性が別の複数の男性とセックスしておれば、不特定多数の女性とセックスするのと同じくらい感染の危険性が高まります。

感染した場合はパートナーも必ず同時に治療しましょう
  どちらかがそのままではピンポン感染が繰り返されます。
症状がなくなったといって治療を中断せず再検査して菌が消えていることを確認しましょう。
  将来のことを考えてエイズ検査もしておいたほうがよいでしょう。

STDに感染するのは運が悪いからではありません
  コンドームをせず不特定多数の女性とセックスすれば高い確率で感染します。たとえ1回でも感染する可能性は低くありません。運がよかったからたまたま感染しなかっただけなのです。
コンドームは避妊のためだけではありません(今度産む?)。相手がピルを飲んでいたとしてもSTDの予防には必要な簡単かつ確実な方法です。セックスの最初から使うこと、オーラルセックスの場合も当然です。


投稿者 川喜多クリニック