• ホーム Home
  • 初診の方へ Beginner
  • 当院のご紹介 information
  • 治療の流れ Flow of treatment
  • 診療時間 Consultation hours
  • アクセス Access

クリニックBLOG

2016年10月21日 金曜日

水中マクロ撮影 なんじゃそりゃ

ミクロの間違い?海中の微小生物を撮りたいのに。ミクロの世界、ミクロの決死圏(古いねえ)とあるのに。いやいやミクロを撮るのにマクロレンズを必要とするのでマクロなんですって。ダイビングの当初はもちろん手ぶらで。そのうちいろんなものを記録したいとコンデジでぱちぱちとミーハー的に撮っておりました。今見直すと、平面的な図鑑写真ばっかり。あるとき、高足がにのようなでっかいカメラ(ワイド撮影)やコンクリートブロックのような箱の周りで皆んながあれこれと言い合ってるのが目にとまりました。あとのほうがデジタル一眼レフカメラのマクロ撮影なのでした。でっかいのは水没を防止するためのハウジング。その画像たるや、ボケ具合、立体感、写真というよりはまるで絵画のような。ボケと言っても、ど近眼、乱視、老眼の私では単なるピンボケ。被写体はくっきり、周囲をぼかす。それを撮るには技術とセンスが必要とのこと。なにせ数ミリから1センチほどの生物のそのまた眼んたまにピントが合わないと写真にならない。陸上撮影にはマニュアルはあるが、水中撮影にはそれがない。ホームページにとぎれとぎれの情報があるだけ。こればっかりは先人の口伝と手とり足とりの指導のみ、あとは自分の体で覚えるしかない。これはマンドリンや磯釣りにも言えることだが。ひとつの被写体に、シャッターを数百回押して1枚良いのが撮れたらの世界。奥が深ーい。

投稿者 川喜多クリニック | 記事URL

2016年10月21日 金曜日

ダイビングにはまって、さあ大変

磯釣りをはじめて5-6年。釣れない日が続き、さて海の中はどうなってるの?から、62歳にしてスキューバダイビングをはじめました。それまで10年間は体験ダイビングはしていたのですがCカード取得の踏ん切りがつかず。家内の知人からの強い勧めで老人ダイバーとなりました。当初は数々のトラブルが続き、断念も考えたのですが、水中の地形、リーフ、海洋生物の群泳、サンゴ周りのカラフルなお魚たち、今まで見たこともなかった、小さなエビ、カニ、ウミウシなど、日常のストレスから解放されて癒されること多々あり。こんな楽しい世界、若者にだけ味あわせるのはもったいない。これぞ中高年に最適の遊びではないかな。おしっこと天国が近くなって、もう時間がないと潜り倒し4年間で600ダイブ近くになりました。串本、丹後から始まり、西表島、フィリピン(ボホール)、インドネシア(レンベ、メナド)、グレートバリアリーフ、フィジー、パラオ、サイパンとめぐって、現在は、石垣島、宮古島を隔月に潜っています。休診が多いのはそのせいです。ごめんなさい。

投稿者 川喜多クリニック | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31