• ホーム Home
  • 初診の方へ Beginner
  • 当院のご紹介 information
  • 治療の流れ Flow of treatment
  • 診療時間 Consultation hours
  • アクセス Access
HOME > 当院のご紹介

当院のご紹介

当院のご紹介

院長ご挨拶

気軽に相談できる泌尿器科です。
気軽に相談できる泌尿器科です。

「泌尿器科」と聞くと、「雰囲気が暗いのでは?」というイメージをお持ちの方、あるいは、「診察を受けるのが恥ずかしい」と、ためらいを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当院は、そのようなイメージをくつがえす、安心して診察を受けられるクリニックです。患者さんの不安を除き、気軽に相談できる明るい雰囲気づくりに努め、最新の医療設備を備え、プライバシーに配慮しています。
どんな病気でも、早期発見・早期治療に越したことはありません。気になる症状があれば、お早めに、お気軽にご相談ください。

わかりやすい説明を心がけています。

医療サービスは、ともすれば医師から患者さんへ、一方的になりがち。ですが、双方が満足できるものでなければなりません。そのために、パソコンとCD-ROMで情報武装し、わかりやすい言葉で説明し、患者さんに納得した診療を受けていただけるように工夫しています。
顕微鏡や内視鏡所見は、患者さんと一緒にパソコンのモニター画面で確認しながら説明します。血液検査の結果は、検査センターとオンラインで結び、経過がわかりやすいようにグラフ化してプレゼンテーションします。
なお、帰宅されてからもご確認いただけるよう、プリントアウトしたものをお渡しし、好評をいただいています。
そのほか、成人病の予防、高齢者の在宅ケアにも積極的に取り組んでいます。
また、他の医療機関との連携を密にし、病状に応じて適切な機関をご紹介しています。

川喜多クリニック 院長 川喜多 順二

治療コンセプト

  • 最新の医療設備を設置し、病状を早く、正確に把握する。
  • 診療室のプライバシーを保ち、安心していただく。
  • 電子画像を使い、わかりやすい言葉で説明する。

略歴

院長略歴
所属学会・認定医など
専門とする疾患など
特色とする治療法
連携病院
  • 大阪市立大学医学部附属病院
  • 大阪市立総合医療センター
  • NTT西日本大阪病院
  • 大阪鉄道病院
  • 府立急性期・総合医療センター
  • 東住吉森本病院

診療設備

(多目的)電子カラードプラ超音波診断装置
(多目的)電子カラードプラ超音波診断装置

前立腺肥大症と前立腺癌の鑑別、腎・膀胱癌、尿路結石の発見に威力を発揮。

全自動泌尿器科検診台
全自動泌尿器科検診台

患者さんが安楽椅子感覚で座ると、自動的に適正な診察体位になります。羞恥心を軽減し、プライバシーを保護。
スムーズな診察の準備実行が行えます。膀胱鏡、超音波検査、逆行性腎盂造影などに使用。

パノラマ心電計
パノラマ心電計

心電図の波形からその異常をビジュアル化して表示する”パノラマイメージ”。心臓を前方・上方からの断面図、さらに全体像をイメージで見せる3種類のViewにより、総合的な診断をサポートします。
心臓のビジュアルイメージを提供することで、難しかった異常部位の把握がより迅速になりました。

尿流量測定装置 スマートフロー
尿流量測定装置 スマートフロー

排尿障害を診断する尿流量測定ウロフロメトリー検査です。膀胱に尿をためた状態で便座に向かって排尿をしていただきます。便座下の重量式のセンサーが患者さんの排尿パターンを記録し診断を行う検査です。

デジタルレントゲン「NAOMI」
デジタルレントゲン「NAOMI」

デジタルカメラのようにX線をとることができ、患部の拡大はもちろん、長さや角度もディスプレイ上で正確に測れます。一枚の画像から得られる情報量が増えるので、より診断の幅が広がります。