• ホーム Home
  • 初診の方へ Beginner
  • 当院のご紹介 information
  • 治療の流れ Flow of treatment
  • 診療時間 Consultation hours
  • アクセス Access
HOME > よくある質問Q&A

よくある質問Q&A

よくある質問

尿に血が混じります。

内科的腎疾患(糸球体腎炎など)のほか、「尿路結石」(腎結石や尿管結石など)、「尿路腫瘍」(膀胱がん、腎がん、前立腺がんなど)、女性の場合は、「出血性膀胱炎」「腎下垂」「尿道カルンクル(血管腫)」などが考えられます。
特に血尿以外、とりたてて痛くもなく、他に症状のないもの(無症候性血尿)でがんが見つかることがあるので要注意。
その他、薬の影響(便秘薬、止血剤、ビタミン剤)や、脱水症、消耗性疾患のために、一見、血尿のように見える場合があります。肝臓病だと泡まで赤くなります。

健康診断で、尿蛋白が陽性と言われました。

放置しても問題のない「起立性蛋白尿」のほか、「腎炎」「糖尿病性腎症」「高血圧性腎硬化症」などの疑いがあるので、調べる必要があります。

赤い精液が出ました。

若い人ではアレルギーや、クラミジアが関与した「精嚢腺炎」「前立腺炎」がほとんどです。ごくまれに、「精嚢腺腫瘍」のことがあります。50歳以降では、「前立腺がん」によることも。
血のにじむ努力は称賛に値しますが、お金と精液は、出しっぱなしはNGです。たまには自分のまたを、よーく観察しよう。

精液が出ないんです。

射精感があるのに精液が出ない。これは「逆行性射精」といって、前立腺肥大症の手術後によくみられます。
空鉄砲で実害はないのですが、男性不妊症の原因のひとつでもあります。

おしっこがニオイます。

通常はほとんど無臭です。アルコール、ビタミン剤、にんにくを食べた後、におうくらいです。
ツーンとくる刺激臭があるときは尿路の炎症、甘酸っぱいにおいのときは糖尿病が考えられます。

おしっこが出にくいです。

「前立腺肥大症」「膀胱頸部硬化症」「尿道狭窄」などの「下部尿路閉塞」のほか、「脳卒中」や骨盤内手術後の後遺症(「神経因性膀胱」)が疑われます。
また、風邪薬や胃腸薬などの薬剤の影響も考えなければいけません。

おしっこが近いです。

「膀胱炎」「前立腺炎」が考えられます。
また、「前立腺肥大症」の初期には、夜間頻尿が起こります。
神経性のものや脳梗塞後遺症によることもあります。尿量が増える病気で、腎臓病の初期、「糖尿病」「尿崩症」によることもあります。

おしっこするときに痛みます。

排尿のはじめに痛むときは「尿道炎」、おしっこの後で痛むのは「膀胱炎」「前立腺炎」が考えられます。
濃縮尿や薬剤の代謝産物の影響によることもあります。

尿道から膿が出てきます。

間違いなく、立派な尿道炎です。
昔は淋病が多かったのですが、最近は「非淋菌性尿道炎」や「クラミジア感染症」が増えています。膿がしたたるのも淋しいことですし、奥の方に進行すると、たま(副睾丸)が腫れてくることがあります。たまったものでありません。
原因は胸に手をあてれば思い当たるでしょうが、泌尿器科医は警察ではありません。深くは追及しないですから、一刻も早く受診してください。「君子あやうきに近寄らず」。

おしっこが漏れてしまいます。

重い荷物を持ったり、階段を上り下りしたり、笑ったり、咳こんだりしたときに漏れる「腹圧性尿失禁」「膀胱炎」など、膀胱刺激症状でたまらず漏れてしまう「急迫性尿失禁」「前立腺肥大症」等のために、膀胱にたまった尿があふれて漏れてくる「溢流性尿失禁」があります。

たまが腫れてきました。

痛みを伴う場合は「精巣上体炎(副睾丸炎)」、痛くない場合は「陰嚢水腫」「精索静脈瘤」が考えられます。
転落や、股ぐらを蹴られて睾丸が破裂することがあります(玉にキズ)。まれに、「精巣腫瘍(睾丸のがん)」がありますので要注意。

性器にブツブツができました。

単純な炎症か、分泌腺の後のことが多いですが、「性器ヘルペス」「尖圭コンジローマ」を鑑別する必要があります。
後の二者は、パートナーに感染する可能性があります。